アナルオナニーの最高に気持ち良いオナニーの方法

女装をしていると自然とアナルに興味を持つ人がいると思います。

今まで全然アナルに教務がなかったとしても女装をしていると心が女性になっていくので、「入れられたい」という気持ちが強くなっていく人も多いのではないでしょうか。

実際アナルを開発していくのは、なんとなく抵抗もありますし罪悪感もあります。

別に悪いことをしているわけではないけれど、変態になっていく自分に抵抗が出てきてしまうことはあるでしょう。

しかしそんな抵抗を感じることはありません。

アナルだって気持ち良いですし一つの性感帯です。

男性には前立腺というものがありますし、そこは大きな性感帯となる可能性を持っているのです。

その前立腺を刺激することで大きな快楽を得ることも出来るのです。

今日はそんな快楽を得るためのアナルオナニーについて詳しく説明していきたいと思います。

アナルオナニーの方法

アナルオナニーをする時というのは初めは興味本位から始める人が多いかとお思いますが、なかなかアナルオナニーの知識もないですしどうやってやっていいのか分からないでしょう。

なんとなく無理やり指などをアナルに入れるのは危険ですのでやめましょう。

しっかりとした手順でアナルオナニーをすることをお勧めします。

アナルオナニーをするための準備

まずはアナルオナニーをする為の準備するものを紹介しますので、初心者の方はまずはその道具を揃えることから始めましょう。

アナルオナニーはもちろん指などを使って何もなくても出来るものですが、それだと初心者には難しいですし気持ち良さも半減してしまいますので、初心者だからこそ是非道具を揃えてやってみてほしいと思います。

アナル用ローション

まずはアナル用のローションです。

普通のローションでも良いのですが、その場合は出来るだけトロトロしたような濃厚なローションにすると良いでしょう。

アナルは開発するまでに時間がかかったり、なかなか挿入するのが大変なので、トロトロして乾きにくいようなローションを使うと良いでしょう。

膣とは違いアナルは濡れてきたりはしないのでローションは必須です。

切れ痔になってしまうこともあるので必ず使ってアナルオナニーをしましょう。

エネマグラ

私は始めてアナルオナニーをした時は指でやりましたが、その経験があるので始めてアナルオナニーは是非エネマグラを使用した方が良いです。

出来れば電動で刺激の強いものがなお良くて、あとは取っ手があると楽な体勢で奥まで刺激する事が出来るのでその点が揃っていると良いでしょう。

一番気持ちの良いポイントというのが結構上の方にあるので、そのポイントを刺激するには取っ手がついていた方が良いのです。

そのポイントを刺激するのに指だとなかなか届かないので、是非エネマグラを使用してみてください!

コンドーム

コンドームはなくても良いのですがアナルはばい菌もたくさんいますし、指で行うには感染症になる恐れもありますのでコンドームをかぶせてオナニーをしましょう。

エネマグラを使うときも出来ればエネマグラにかぶせて行うと、汚れないで済むので衛生的で終わった時の掃除も楽チンです。

そこまで高いものではありませんし是非使って行ないましょう。

浣腸

アナルオナニーをするときは浣腸をするもの大事な事です。

ウンチが溜まっているときにアナルオナニーをしてしまうと、どうしても指にもエネマグラにもウンチがついてしまいますので、そういうことを避けるためにも浣腸をしてからアナルオナニーをしましょう。

浣腸をした後に我慢するもの大変ですが結構快感だったりするので、そういった意味でも浣腸をしてみると良いかもしれません。笑

もし長期的にアナルオナニーを行うのであれば、こちらを買うとお得ですので是非使ってみましょう。

一度購入しておけば何度も使えるのでオススメです。

洗浄するときは出来るだけ綺麗な水を使いましょう。

大きめのバスタオル

こちらはアナルオナニーをするときに下にバスタオルのような大きなタオルを敷いてやった方が良いです。

ローションが下についてしまいますし、ベッドの上などでやる場合はベッドが汚れてしまうので、汚れても良いタオルを下に敷いてオナニーをするようにしましょう。

以上がアナルオナニーをするときに絶対に必要なものです。

他にもアナルオナニーをするためのグッズはたくさんあるので、そちらは別のページでご紹介したいと思います。

アナルオナニーの手順

次にアナルオナニーをする時の手順についてご紹介します。

ルールみたいなものはありませんし自分が気持ち良くなるためのものなので、自由にしてもらっても構いませんが、気持ち良いオナニーをするための方法をご紹介していきますのでよかったら読んでみてください。

まずはアナル前戯

まずはアナルにローションを塗りましょう。

出来るだけたっぷりと下に垂れてしまうくらい塗ったほうがより気持ち良さが増すのでオススメです。

これでもかというくらいに塗りましょう。

最初は少しアナルをほぐしてその後にどんどん追加していくと良いです。

まずはアナルにローションを塗っていきなり挿入しようとせずにマッサージしてあげましょう。

ゆっくりとマッサージしてあげることによってアナルがだんだんと柔らかくなっていくので、焦らずに撫でてあげる事が大切です。

ゆっくりと指を挿入していく

次にゆっくりと指を挿入していきましょう。

挿入といっても少し先っぽが入るくらいから始めましょう。

それだけでも今まで感じたことのないような感覚を味わう事が出来るので、ゆっくりと少しづつ挿入してみてください。

とにかく無理にやらない事です。

ゆっくりと楽しみながらやる事でアナルがほぐれていくのです。

少しづつ奥まで入れていく

先っぽまで入れてしばらくこちょこちょしたら今度は少しづつ奥まで挿入していきましょう。

その時もとにかくゆっくり挿入していきます。

挿入するのは指でもエネマグラでも構いません。

奥まで入れても気持ちいいわけではありませんので、気持ち良い位置を探しながらゆっくりと奥まで入れていきましょう。

奥まで入れていくとすごく変な感じになると思います。

苦しいというかウンチが漏れそうな気分になりますので無理をせずにゆっくりとやっていきましょう。

慣れてくるとそういう感覚もなくなっていくので、とにかくアナルオナニーはゆっくりと無理なくやっていくのが鉄則です。

気持ち良いところを刺激しよう

ある程度アナルに入っている事に慣れてきたら今度は自分で気持ち良いところを探しましょう。

大抵の場合は気持ち良いところというと、前立腺のあるところなのですがおちんちんがある側の奥の方にあります。

結構奥の方にあるので出来ればエネマグラを使いましょう。

そこを刺激するとおしっこが出そうな感覚に陥る人もいます。

そこをゆっくりとエネマグラなどで刺激をしているとだんだんと気持ち良くなってきます。

慣れてきたらグッと押し込んでみましょう。

そうしているうちにもっと気持ち良くなっていくので続けてみましょう。

慣れてきたら強めに刺激をしてみる

アナルの気持ち良いところというのはこすったりして気持ち良くなるというよりも、押し込んで刺激をしてあげると気持ち良くなります。

マッサージのように優しく押してあげると良いでしょう。

その刺激に慣れてきたらちょっとづつ刺激を強めます。

そうして強くしていくとだんだんと射精とはまた違った感覚が襲ってきます。

そうやって気持ち良さが襲ってくるまでゆっくりとやっていきましょう。

アナルオナニーで射精をするトコロテン

アナルオナニーで奥の気持ち良いポイントを刺激し続けると気持ち良くなってきて、なんだか変な感覚が襲ってきます。

その変な感覚のポイントをずっと刺激し続けると射精する事があります。

それをトコロテンと言います。

なかなか初めから射精まで難しいと思うので何度かやりながら自分の中で気持ち良いところ見つけていきましょう。

普通のペニスを刺激した射精とはまた違った感覚になります。

今まで味わったことのない感覚なのですごく刺激的です。

気持ち良いのですが初めは何が何だか分からないかもしれません。

すごく気持ち良いのでトコロテンを体感してしまうとハマってしまうでしょう。

慣れるまでは焦らずやろう

アナルオナニーを始めてみるともっと気持ち良くなりたいと思って焦って刺激を強くしたり、無理やり刺激してみたりする事がありますがそういう風に無理に刺激するのはやめましょう。

傷がついてしまったり痔になってしまうこともあるので、慣れるまでは優しく刺激しましょう。

アナルオナニーの場合は普通のオナニーと違って、とても慣れが必要になってきます。

ですので1回目からすごく気持ちが良いと感じることは少ないかも知れません。

ですから最初は気持ち良くなかったとしても続けていきましょう。

そうやって続けていくにつれて気持ち良さがわかったり、自分の中で気持ちが良いポイントを見つけていく事が出来ます。

アナルオナニーは根気が必要なので焦らずやっていきましょう。

そうやって色々試していくうちに気持ち良いポイントが見つかって、気持ち良いアナルオナニーが出来るようになっていきます。

とにかく焦らずに、最初は気持ち良くなくても心配する必要はありません。

みんな初めから気持ち良い人ばかりではないでしょう。

ゆっくり楽しんで行う事がアナルオナニーには大切な事なのです。

オナニーライフを楽しんでみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です